逃げ恥だけじゃない!海野つなみ作品おすすめベスト4!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年秋、新垣結衣さんでドラマ化され、ドラマも漫画も大ヒット中の『逃げるは恥だが役にたつ』。通称『逃げ恥』!ドラマも漫画も最終回間近で『逃げ恥ロス』になりそうなあなた新たな海野ワールドにはまって乗り切ってください!!

原作者の海野つなみ先生は、兵庫県出身で1989年に講談社『なかよしデラックス』でデビュー。従来の少女漫画とは一線を画す設定、個性的なストーリーやセリフ回しが高く評価されている漫画家さんなんです。

『逃げ恥』は偽装結婚をテーマにした現代物ですが、実はファンタジーや時代物の作品も面白い!ということをご存知でしたか?新たな海野ワールドに出会えること間違いなし。『逃げ恥』以前の単行本作品から管理人オススメの作品4つを紹介します。

古典作品『とはずがたり』の漫画化 『後宮(全5巻)』


後宮 コミック 全5巻完結セット (講談社コミックスキス)

作者初の時代物で、鎌倉時代の古典作品『とはずがたり』を漫画化した作品。

今から七百余年前、時代に翻弄されながらも恋に自分に正直に奔放に生きた女性がいた。その人、二条(にじょう)。

『とはずがたり』といえば、後深草院の時代に後宮に仕えた二条という女性が自身の生涯を書いた自叙伝的物語。現代の感覚でいうと考えられないような愛憎入り混じるかな~りドロドロの人間ドラマ。これを少女漫画に~!?と最初は驚きました。

執着系からヤンデレ男子…登場する男性キャラが皆見事に歪んでるんですけど、どこか魅力的!に仕上がっているのは流石つなみ先生といいたいところ。登場人物一人一人の心情がとても丁寧に描かれているので普段古典を読まない方にも断然オススメです。

全巻読んだ後は、一つの大河ドラマを見たかのような満足感を得れること間違いなし。

主人公は宇宙人!?なぜか憎めない『くまえもん(1巻)』


くまえもん (Kissコミックス)

作者初のショートストーリーで、コメディ要素たっぷり

早川さんが妹からもらった“くま”の編みぐるみは宇宙人だった!!

読みおわったころには、あなたもきっと「くまえもん」が欲しくなる!!

このあみぐるみが『くまえもん』なんですが、会社員の女性(早川さん)が帰宅すると突然しゃべり始め、なんと宇宙人だったという設定。ハチャメチャな設定ながら普通にその状況を受け入れてしまう早川さんと同僚たち。ちなみに『くまえもん』の見た目は表紙そのまま真っ黒ですよ~。

この『くまえもん』見た目ゆるいくせにめちゃくちゃ喋る!恋愛の話からゴシップまで。『逃げ恥』でキャラたちが雑談してる感じのゆるいシーンが好きな方は是非と言いたい!

講談社さんのコピー通り、確かに読んだ後『くまえもん』おうちに欲しくなりました(笑)。

『小公女』を完全SF化!!『小煌女(全5巻)』


小煌女 コミック 全5巻完結セット (KC KISS)

児童文学作品を完全アレンジした作者初のSF作品

時は未来、宇宙時代を迎えた地球連邦英国自治区。舞台は上流階級の子女が集まるベネディクト女学校。住み込みのハウスメイドとして働くサリーと、惑星トアンから留学を名目に亡命してきた王女・ジノン。星も身分も違うふたりの運命的な出会い。そして…。

まずこの物語の設定の作りこみの丁寧さに驚くところ。『小公女』といえば誰もが知っている児童文学作品ですが、それを大胆にSF化!舞台は同じく英国(イギリス)なんですが、とても近未来化されています。ドラ〇もんに出てくるような未来道具も登場したり。

主人公のサリーとジンンの恋愛模様もしっかり描かれています。天真爛漫系王子キャラに堅物執事系キャラが登場しますよ。基本的には2人にスポットがあたっていますが、脇を固める女学校の生徒たちのキャラとか1つ1つのエピソードが面白いです。ところどころ出てくるマザーグースの歌も使い方が素敵だな~と思いました。

伏線がいろいろあるので、最初から一気に読みたい作品です。

恋と愛欲。大人のファンタジー童話『豚飼王子と100回のキス(全1巻)』


豚飼い王子と100回のキス (ワイドKC Kiss)

アンデルセン童話『豚飼い王子』を大人向けにアレンジした作品。

皇女にプロポーズを断られた小国の王子は、宮廷に豚飼いとして潜入。皇女の心を奪う不思議な品々で、皇女のキスを、ついには体を手に入れた…。

童話を大人向けにアレンジ!ということで大人向けの描写も描かれる今作品ですが、海野つなみ先生の作品らしく全然下品じゃありません。登場人物たちの心の機微が丁寧に描かれているのでキュンキュンすること間違いなし。雰囲気だけでなく臨場感がしっかり伝わってきます。この作品、童話をベースにしているので時代設定は昔なはずはんですが、ところどころ現代風にアレンジさえているのも面白かったです(Wi-Fiとかクレジットカードとかも登場(笑))。

『逃げ恥』の直前に描かれたこの作品。これが月刊誌前後編が掲載された際、読者からの人気が抜群に高かったということで、担当さんから次回作もこのまま童話もので…と話が出たそうで。それくらい評価が高い作品なんですよ~。本の装丁も格調高くて素敵です。

個人的にはまた先生の童話シリーズが読みたいな~と思うくらいお気に入りの作品です!

さいごに

いかがでしたでしょうか。今回は、逃げ恥後宮くまえもん小煌女豚飼い王子と100回のキスについて紹介させていただきました。

『逃げ恥』以外も海野つなみ先生には魅力的な作品がたくさんあります。意外にもァンタジーものが多いことに驚かれたも多いはず…。ぜひお気に入りを見つけてください!

こちらの記事逃げ恥最新話の感想もあげているので是非ご覧ください。

管理人は、一度気に入った漫画家さんの作品は過去作品から全部読む!をモットーにしています(笑)。海野つなみ先生以外にも、オススメ作品を紹介していますので、気になった方はぜひこちらの記事もご覧ください♪

海野つなみ先生4選東村アキコ先生5選よしながふみ先生6選話題の『ガイコツ書店員本田さん』感想話題の『春の呪い』感想

↓海野つなみ先生の最新作はこちら!

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など