長閑の庭・第23話(Kiss_2018年1月号)告白のその後…自分が幸せになるための選択とは【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガ名:長閑の庭(のどかのにわ)第23話
著者:アキヤマ香
掲載誌:Kiss2018年1月号掲載
出版社:講談社


『長閑の庭』は隔月連載です♪前回のストーリーが気になる方はこちらをどうぞ♪

以下、ネタバレ含みます。

ストーリー(ネタバレ注意)

教授室での榊教授の言葉を思い出す元子。
教授ははっきりと2人の心に刻むように、『大事な教え子だ』と言った。

月日は進み、元子が兼ねてから準備を進めていたドイツ文学科OB・OG懇親会。

飲み物を運んだり、進んで給仕役を努める。不自然なくらい張り切っている元子の姿に気づく田中。そして気まずそうな元子と教授の様子に何か感づいた様子。

そこへ田中さんに話しかける樹里ちゃん。
留学経験者を紹介してくれる約束だったはず、と田中をその場から連れ出す。

『もし私が声をかけなければ田中さんはどうしていただろう』と田中の様子に不安を感じる。

その後、『榊教授と話してくる』と言って中座する田中さん。

榊教授の隣に座り、『シュバルツさんと何かありました?』と聞く。

むしろ何もない。これからも 危うく過ちをおかそうと・・・ファウストになろうとしてしまった自分を制し、正しい道を選んだ

と答える教授。

『ファウストに』という言葉に驚く田中さんに、
秘密だぞ 君だから言っている』と教授。

『優秀な学生に相応しい道を示す。それが僕の正しい道だ』という教授に、

貴方は特に正しい事をしたわけじゃない。ただ自分の安全なほうへ逃げただけですよ。

と田中さんの言葉が刺さる。

顔色を変える教授に、田中さんは更に続ける。

なーんてそりゃ俺か』と自嘲ぎみにつぶやき、『2人が本当に納得のいく関係になることを願っている。それは恋愛感情ではなく人間的に教授とシュバルツさんが好きだから

と語るのだった。

おそらく『シュバルツさんが好きだから』の部分のみ聞いてしまった樹里ちゃん。
ショックを受け、懇親会会場で立ち尽くす。

その様子に元子が気づいて声をかけるも、先ほどのやりとりを受けて元子に辛くあたってしまう樹里ちゃん。

『まだシュバルツさんの好きな人を教えてもらってない、フェアじゃないし、教えてもらえないと先に進めない気がする』と元子を問い詰める。

そこへ酔っ払ってふらつき、元子にからむOBの方が。さっきからいろいろなところでからみ、会場内で迷惑がられている様子。

元子に対し、『全身暗くて、地味』などと暴言を吐く。逃げようとするもうまく声が出ない。

それに気づいて田中が立ち上がろうとするも、先に榊教授が元子をかばうように割って入り、そのOBに対し『出ていきたまえ』と恫喝する。その様子に、逆に教授が恐いと周囲から心無い言葉を浴びてしまう。

自分を守ろうとしたことで教授が悪く言われたと落ち込む元子。教授は懇親会を途中で中座し、教授室に籠ってしまった。

懇親会の後、酔いがさめた様子の例のOB。元子と樹里に先ほどの非礼を詫びる。『自分にO謝るくらいなら教授に謝れ』と怒る元子に、先ほど教授にも同じことを言われたというOBの男性。

会場の隅で、榊教授を見つける元子、お礼を言うも『教育者として行動したまでだ』と去ろうとする。

そこで改めて、教授が好きだと自覚する元子。本当は諦めたくない、でも追いかけてはいけない。

泣きそうな様子の元子に樹里ちゃんが気づいて、2人きりで話せる場所に。

シュバちゃんの好きな人って教授?』と樹里ちゃんに指摘され遂に白状する。

教授は自分のことを考えてNoと出してくれたことに応えなくてはいけないと思っているが、元子自身、まだ未練が立ちきれないでいた。

恋愛ってお互いが幸せになる為のものでしょ?まず私が幸せを感じないと誰とも幸せになれない。

幸せになる為に辛い決断をしなきゃいけない時ってあるんだよね。 

シュバちゃんも自分が幸せになれる方を選べばいいと思うよ

と樹里ちゃんは元子にアドバイスする。

この言葉で何かがふっ切れた様子の元子。

教授の元へ向かい、教授を庭園が素敵な喫茶店へお茶に誘う。それで最後にしますからと笑顔で言うのだった。

私が幸せになれる方は、教授がこれ以上困らない方

~次回第24話~ Kiss 3月号( 1/25 発売予定)に続く~

感想

元子の『最期にしますから』という言葉から最終回に近づいてきたことを感じてしまいますね。今回の教授と田中さんとのやりとりで、教授もかなり葛藤の末、元子の告白を拒絶したことがわかりました。

別に『恋人』というくくりでなくても、元教え子と元教授を越えることはなくとも一緒に食事したり出かけたりする関係があっても良いとは思うのですが…。

田中さんの元子への想いを疎ましい気持ちで見ていた樹里ちゃんですが、元子の告白を聞いて、元子を素直に応援する気持が伝わってきました。

これで樹里ちゃんも自分自身の恋にふっ切れてくれるといいなぁ。最終的に、樹里ちゃんはドイツ留学に踏み切り、田中さんとの交際に終止符を打ちそうな気がします。いつまでもウジウジしてる田中さんなんか捨てちまえー(笑)

次回の掲載を楽しみにしたいと思います!

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など