【最新】来世は他人がいい【2巻掲載予定・第5話後編】流血、乱闘…遂に吉乃もキレる。【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『来世は他人がいい(第5話後編)誠意を見せたい あわよくば少し好きになってほしい(3)』ネタバレ&感想です。

第5話後編は1月25日発売のアフタヌーン3月号に掲載されています。

2017年秋からアフタヌーンで連載開始、第1巻発売中です!

★第1~5話以降の感想はこちらから♪

ストーリー(ネタバレ注意)

チンピラ集団との乱闘

霧島にフォークで目を刺された男の悲鳴を皮切りに、霧島とチンピラ集団との乱闘が始まる。

数人を相手に殴るわ蹴るわ。

一方、チンピラの一人に殴られ床に倒れていた吉乃。

メッチャクチャ痛い……ッッッ!!!

アカン!人に殴られんのってこんなに痛かったっけ…?なんか耳鳴りするし平衡感覚おかしい

鼻血が出ている鼻を押さえながら、乱闘中の霧島のほうをチラリと見やる。

車の中での稲森さんの言葉を思い出し、(中2のころ同級生ら20人の骨をへし折ったというもの)コイツだったらやる…!と確信する吉乃。

クソッ… この男と一緒におっていいことなんてひとつもない 

殴られて腹立つのに それ以上に怖い 

なんであんな全力で人こと殴れるんや…なんであの男あんなに強いねん

…違う わたしが弱いだけや

こんなところで逃げてたまるか ボケ・・・!と、先ほど買ったドライヤーの袋に手をかける。

ナイフを持った男に素手で立ち向かう霧島。数人を相手にしているため、霧島もそれなりに怪我を負っている。 太ももにナイフ刺さったりしてます…

霧島が若干劣勢に立たされた瞬間、背後から吉乃が男めがけて、ボトルとドライヤーで一撃を食らわせる!そしてドスを聞かせて一言。

やかましいんじゃボケ おまえが死ね!!

この衝撃で壊れるドライヤー。吉乃の様子に呆然とする霧島。そして吉乃が顔から血を流していることに気づく。

今度は霧島がキレる番。吉乃を殴った男(吉乃の一撃で若干伸びてる)を起こし、

俺の女が血がでてるっつってんだろ まだ死なせねえからな

あと10ℓは血ィ流してもらわねぇと割りに合わねぇよ

執拗に殴ろうとするのを吉乃がやめさせる。

吉乃が流血したことを気にして落ち込む霧島。

吉乃はそういえば赤座しおりは!?と気づく。赤座しおりは、助けを呼ぼうとしたところ、飛んできた灰皿にあたり床で気を失って倒れていた。

死んでないよな…?とビビる吉乃に対し、霧島は落ち込んでそれどころじゃないと吉乃にしがみつく。

事の顛末とは…

シーンは変わって、放課後の高校、吉乃の教室。いつものように吉乃の前の席を霧島が陣取っている。

赤座会長は除籍。娘も海外に高飛びしたらしい。

乱闘後の時より明らかに怪我が増えている霧島。

桐ヶ谷組のシマで迷惑をかけたことから、帰宅後結構殴られたらしい(霧島いわく軽い折檻)。

野球部みたいなインナーを着ているがこれは全身のアザを隠すためのもの。

吉乃も祖父(染井組長)に電話で(日常茶飯事的に)怒られており、

やはりあの場に吉乃を連れて行くべきではなかったと謝る霧島。

吉乃に早く渡したいものがあり気がせいでいたという。

その渡したいものを吉乃の机にドンと置く。

なんと1千万円が入ったカバンだった。驚く吉乃。

乱闘騒ぎのあとマフィアと深山一家(霧島のいえ)が裏で掛け合い回収した2億5千万のうち、会長と娘を捕まえてきた報酬として霧島がもらった1千万だった。

霧島は吉乃が自身の臓器を売ってまで金を作ってきたことに報いたく、自分も臓器を売って返すのが筋と思ったが

もう売れる臓器が無い!とのことで、

売れる臓器無いってもう既に売ったことあんのか霧島。とツッコミたくなりますが…

売れるのは角膜ぐらいだがそらも10万くらいにしかならないので、金が必要だった。それで今回1千万円貰えたので吉乃に受け取ってほしいというもの。

それが霧島流の『誠意』の見せ方らしい。

まったくもってズレているという吉乃の返事に『やっぱり角膜売ってこよーか?』と霧島。

…アホらし

金もいらないし角膜もいらないわよ

それならこれから新しいドライヤー買いに行くから付き合って

この間壊したから

霧島は『もちろん!』と笑顔で返す。

ドライヤー買ったあとは映画でもいく?♡と誘うが

吉乃『速攻家かえるからな』とすぐ断られるのだった。

~第7話につづく(2巻掲載予定)~

感想

乱闘シーンてんこ盛りのとっても見ごたえのある第五話後編でした!

霧島ってほんと強いんですねー

文字では全く伝わらないと思うので是非本誌を読んでください!

とはいえ、チンピラ数人を相手にさすがの霧島も無傷では済ます、若干不利になったところを吉乃がドライヤーで殴る流れが最高でした。

これでまた吉乃は霧島に惚れ直されちゃいましたね。

吉乃の流血に落ち込んじゃう霧島が可愛かったです。すんなり『俺の女』発言してるし……

その後のマフィアと深山一家との裏取引はサラッと流されてましたけど、かる〜く1千万渡しちゃうのがすごいですね。

まぁ吉乃は自分の臓器売ってるわけだから対価といっちゃ対価なのかわかりませんが…

その流れで今回霧島に彼にはもう売れる臓器がない!ことも判明しました〜

いろんな修羅場くぐってんな〜(笑)

1千万円を『誠意』と言ってるんで、これで3話連続続いたタイトル『誠意を見せたい。あわよくば少し好きになってほしい』の伏線が回収されましたー!

前回の予告では『ラブラブ展開あります!』とあおってありましたが、ラブというよりバイオレンス色強!って感想です(笑)

でも最後デートっぽい?雰囲気もありよかったね霧島。

これで一段落ついた感じの赤座会長娘疾走事件編ですが、次回はどんな感じのトラブルが待っているやら。次号も楽しみにしたいと思います♪

★小西先生の初連載作品『春の呪い』の感想をこちらの記事で紹介しています♪
このマンガがすごい!2017年オンナ版2位『春の呪い』感想【ネタバレ注意】

↓2017年11月22日に第1巻が発売!1話~3話が掲載♪

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など