【ラスベガス】循環バス『DEUCE』の乗り方ガイド。ストリップやダウンタウンまでの移動も可能。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストリップの南から北はかなり広大。ストリップ間の移動は24時間運行の循環バス『DEUCE』がおすすめです。ストリップからダウンタウンまでの移動も簡単にできます。

以下、運行時間やチケット購入方法について紹介。

運行時間:24時間約10分おき

2階建てバスの大型バス『DEUCE』。不夜城ラスベガスの名前にふさわしく、24時間運行で運行間隔も短くとっても便利なんです。たいてい10~15分おきに運行していますが、深夜帯は20分おきになるようなので注意。

ラスベガスのストリップは夜でも人通りはあり、治安は不安は感じません。むしろ夜の方が人通りが増えてる気が…。ただ、ダウンタウンとなると話は別。一気にローカル感が高まるので夜は注意してください。

運行ルートとバス停

運行ルートは、ストリップの南『ホテル・マンダリンベイ』から北のダウンタウンまでメインストリートを走ってくれます。片道1時間程度で走ります。タクシーに比べると随分時間がかかってしまうので、急ぎの方はタクシーがおすすめです。

乗り方&降り方

だいたい主要ホテル前にバス停があるのでとっても便利。バス停にはDEUCE のロゴが書かれたポールが立っています。乗車の際はバス停前で待っていれば停まってくれます。

降りる際は、座席付近のボタンを押せば停まってくれます。だいたいほとんどのバス停で止まります。2階の席からだと、ストリップの通りがよく見渡せておすすめですよ~。

料金体系

1回6ドルで、乗車できます(決して安くはない(笑))。バスの入口で現金支払もできるのですが、お釣りが出ないのできっかり6ドル用意した状態で乗るのが良いです(ちなみにアメリカの都市のほとんどのバスでもお釣りはでません)。

と何かと面倒なので券売機で乗車カードを購入してしまうのがおすすめです。だいたいのバス停に券売機が設置されています。

↓こちらが券売機(暗くてすみません)

2時間有効券:6ドル
24時間券:8ドル
3日券:20ドル

以上3種類の乗車券が購入でき、2時間有効券が最安値ですね。期間が長い程お得なので、滞在期間に併せて購入してください。

クレジットカードでも購入できて便利です。乗車カードはこんな感じ。

DEUCEの運行会社である『RTC』と書いてあります。裏に有効期間(時間)が記載してあるので、その時間までは何回も乗車できます。カードで乗る場合は、バス入口の機械にカードをスライドさせてください。

実際乗ってみた感想…渋滞に注意

管理人はダウンタウンとストリップの間にあるストラトスフィアタワーまでストリップ間の移動に利用しました。

ほとんどのホテル前で停車するため、なかなか進まない印象。ストラスフィアタワーまで30分以上かかってしまいました。それに加えてストリップ名物?のひどい渋滞…。

たとえ道が渋滞していなくても、お客さんの乗車に結構時間がかかったりして(お釣りが無いことでドライバーともめる人もいたり)なんだかんだ時間がかかるんですよね~(笑)。

機動力は無いですが、DEUCEにバスに乗ることでストリップの街並みをゆっくり見れますし、何より歩き疲れないのでおすすめです。まあ時間が読めないので本当に急ぎの方はタクシー使ってくださいね!

おわりに

景色を楽しみながら楽に移動できるDEUCEにバス。料金の高さと機動力の無さが残念ですが、なんだかんだ一番便利で乗っちゃうんですよね(笑)

ストリップのホテル巡りに便利なので、こちらの記事もぜひご覧ください♪
【ラスベガス】ストリップの豪華&個性派ホテルを紹介。ホテル巡りで疑似世界一周体験。

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など