【ワシントンDC】滞在日数別・観光モデルプランをつくってみた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見どころが多すぎて困るワシントンDCの観光。管理人がオススメする滞在日数別のモデルプランを作成してみました。DC観光の参考になれば幸いです。

↓こちらの施設別の観光時間の目安一覧を元に作成しています♪

【ワシントンDC】スミソニアン博物館群など…観光地別所要時間の目安一覧

理想の訪問時期は?やはり春~夏がオススメ!

夏季(4~9月)は夜7時ま開館しているスミソニアンですが、冬季(10~3月)は夕方5時で閉まってしまうんですね…。この2時間がでかい。すごく短く感じます。やはりワシントンDC観光の理想は夏季の観光でしょうね。冬のワシントンDCは恐ろしく寒く、観光にも向きません。

しかし、夏休み中のスミソニアンはとにかく混雑しているので、繁忙期を避けるという意味で冬季の観光も良いかもしれません(それでも航空宇宙などは全シーズン混んでいるように思いますが…)。混雑が予想される施設はとにかく朝一番、早めの訪問が良いです。アメリカ人の朝は意外にのんびり~しているのが理由の1つ。

滞在日数別のモデルプラン

可能であれば3泊4日は欲しいワシントンDCへの観光ですが、もちらん1泊2日でだって十分に定番の観光地を回ることができます。

※あくまで管理人の個人的な主観によるものです。

博物館群は意外に朝の開館が遅い(10:00~)ので、モニュメント系を朝方にさっさと観てしまうのがおすすめです。

↑夏場の混む時間はこの辺りが人で埋め尽くされるんだとか…・

1泊2日プラン:定番を抑えよう

1日目:航空宇宙博物館(もしくは自然史) → 国会議事堂見学ツアー→ ホワイトハウス見学

2日目: ワシントン記念館&リンカーン記念館周辺散策 → ナショナルギャラリー

かなり厳しい日程ですが、ワシントンDCに来たら、航空宇宙博物館とリンカーン記念堂には行っておきたいですよね!航空宇宙博物館は比較的空いている開館直後がおすすめです。リンカーン記念館も朝のほうが人は少なくきれいな写真が撮れます。

時間が許せばホワイトハウスの外観だけでも是非。

2泊3日プラン:定番をくまなく

1日目:航空宇宙博物館 →  国会議事堂見学ツアー → ホワイトハウス見学

2日目:ワシントン記念塔&リンカーン記念館周辺散策 → 自然史博物館

3日目:アーリントン墓地(もしくはフォード劇場)→ナショナルギャラリー

3日目の選択はもう好みだと思いますが、アーリントン墓地は朝8時から開いているので朝早くから行動できおすすめです。ナショナルギャラリーは午後からの入館でも混雑して困る~ということはないと思います。

もちろん1日博物館巡りでも良いと思うのですが、1日に何個も博物館を周ると単純に疲れる…という理由でばらけさせてみました。ただ、天気の悪い日などは全部博物館系でまとめてみても良いと思います。意外にもモール地区内は広大で、博物館ごとの移動も大変です。地下鉄などの公共交通機関を効率的に活用して、かしこく回りましょう。

★ワシントンDCの地下鉄の利用方法についての記事はこちら!
【ワシントンDC】地下鉄乗り方徹底ガイド!SmartTripの入手方法も!

3泊4日プラン:十分満喫できます

1日目:航空宇宙博物館 → 国会議事堂見学ツアー → ホワイトハウス見学

2日目:ワシントン記念塔&リンカーン記念館周辺散策 → 自然史博物館

3日目:アーリントン墓地(もしくはフォード劇場)→ナショナルギャラリー

4日目:ウドバーハジーセンター

4日目の行先はもちろん好みですが、個人的にウドバーハジーセンターの展示が素晴らしく、本館を凌ぐ勢いで感動したためアクセスが悪くても足を運んでほしいなと思っています。ただ、アクセス込みでほぼ1日つぶれてしまうので、他の候補とも十分検討してみてください。

★ウドバーハジーセンターのダウンタウンからの詳しい行き方にについてはこちら♪アクセスの関係上、ダレス国際空港の利用と合わせての訪問がおすすめです。
【ワシントンDC】ウドバーハジーセンター(航空宇宙博物館・別館)行き方ガイド

4泊5日プラン:大充実の観光プラン

1日目:航空宇宙博物館 → 国会議事堂見学ツアー

2日目:ワシントン記念塔&リンカーン記念館周辺散策 → 自然史博物館

3日目:アーリントン墓地 → フォード劇場 → ホワイトハウス見学

4日目:ホロコースト記念館(もしくは造幣局)→ナショナルギャラリー → 国立公文書館

5日目:ウドバーハジーセンター

ホロコースト記念館はワシントンDCでは珍しく有料にもかかわらず、かなり人気の高い施設です。やはり混雑するので、開館直後がおすすめです。近くにある造幣局では、1ドル紙幣が印刷される工程の見学ができます。お子様がいる場合は、こちらのほうが良いかもしれません。

効率的な移動に…レンタサイクルがおすすめ

スミソニアン博物館群があるモールエリアですが、上述したように歩いてみると意外に遠いです。端から端の移動は地下鉄が最速ではありますが、自転車での移動が便利だったりします。

★”VELTRA“でレンタサイクルの予約ができるので、チェックしてみてください。ポイントがたまるのでおススメです。

最近だと、セグウェイでの観光も人気みたいですよ~。そちらも興味がある方は探してみてください。

おわりに

自身の興味の幅に合わせて、様々な観光プランを考えられるのがワシントンDC観光の魅力です。もちろん天候やツアー予約時間に左右される部分も大きいとは思いますが、考えられたプランの元、充実した時間を過ごしてください。

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など