【ワシントンDC】スミソニアン博物館群など…観光地別所要時間の目安一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

見どころが多すぎて困るワシントンDC。限られた滞在日数での観光プランの作成にずいぶん苦労しました。意外にも、各観光施設ごとの滞在時間の目安について情報が少なかったので一覧にまとめてみました。

施設別のおすすめ度も管理人独断で『星1個~5個』で評価してみました。これからワシントンDC観光の計画を立てられる方の参考になれば幸いです♪

★ワシントンDCの地下鉄の乗り方についてもこちらにまとめました。
【ワシントンDC】地下鉄乗り方徹底ガイド!SmartTripの入手方法も!

所要時間の一覧~スミソニアン系列~

以下、管理人が訪問した施設からご紹介。主要な施設は抑えられていると思います。スミソニアン系列の施設の場合、すべて入場料が無料になりますよ~♪

無料なので何度でも行き来したいところですが、入場の都度、セキュリティチェックが必要になるので注意。軽微な服装で行きましょう。

スミソニアンキャッスル

所要時間1時間未満?/【おすすめ度:★★★】

博物館館が集中するモール地区の中心部にある赤いお城のような建物。スミソニアン博物館群のインフォメーションセンター(情報基地)になっているので、情報取集のために立ち寄るのにおすすめです。各博物館のツアー時間などの情報もわかります。

スミソニアン協会がいかにして設立されたかなど説明パネルもあり勉強になりました。なぜ、こんな入場料無料の博物館群を維持できるのか気になりますよね。

国立航空宇宙博物館(本館)

所要時間4時間~5時間【おすすめ度:★★★★★】

スミソニアンで人気No.1の博物館なので、ここは必須でしょう。見どころのみ抑えた見学であれば3時間程度でもまわれないことはない?と思います。

↓詳しい記事はこちらをどうぞ♪
【ワシントンDC】スミソニアン人気No.1!国立航空宇宙博物館の徹底ガイド!

国立自然史博物館

所要時間3時間~4時間【おすすめ度:★★★★】

スミソニアンで人気No.2の博物館。宝石類の展示は圧巻。膨大な展示数ですが、見どころのみ抑えた見学であれば2~3時間あれば良いと思います。NYやシカゴの自然史博物館に既に行ったことがある!という方はあえて外すのもありかも…。

↓詳しい記事はこちらをどうぞ♪
【ワシントンDC】圧倒的コレクション数!スミソニアン国立自然史博物館~観るべき展示品ベスト3~

国立アメリカ歴史博物館

所要時間3時間~4時間【おすすめ度:★★★】

アメリカの歴史や文化がテーマ別に展示してあります。ファーストレディのドレスなど貴重な展示も。アメリカという国を知るうえで、重要な博物館であること間違いありません。

↓詳しい記事はこちらをどうぞ♪
【ワシントンDC】スミソニアン国立アメリカ歴史博物館の見どころを紹介。アメリカ戦史や大統領の歴史を学べる。

ウドバーハジーセンター(国立航空宇宙博物館・別館)

所要時間4時間~5時間(移動時間もいれると半日以上)【おすすめ度:★★★★★】

国立航空宇宙博物館の別館があるのは御存じでしたか?こちらはワシントンDCのダウンタウンではなく、郊外(ダレス国際空港付近)にあるのでアクセスに難があるのですが、是非訪れてほしい施設です。

スペースシャトル・ディスカバリーや、広島に原爆を投下したエノラ・ゲイ号の展示など必見展示の数々。個人的には本館より感動したかもしれません。

↓詳しい記事はこちらをどうぞ♪
【ワシントンDC】ウドバーハジーセンター(航空宇宙博物館 別館)徹底ガイド(その1)
【ワシントンDC】ウドバーハジーセンター(航空宇宙博物館 別館)徹底ガイド(その2)

↓ダウンタウンからの詳しい行き方にについてはこちら♪
【ワシントンDC】ウドバーハジーセンター(航空宇宙博物館・別館)行き方ガイド

所要時間の一覧~その他モールエリア観光施設~

モールエリアには、スミソニアン系列以外の施設も多数あります。

ナショナルギャラリー(国立絵画館)

所要時間3時間~4時間(現代館、屋外庭園も含めると5時間以上)【おすすめ度:★★★★★】

アメリカ唯一のダヴィンチ作品や、印象派の巨匠たちの作品(ゴッホやモネなど)が多数収蔵されています。スミソニアン系列ではありませんが、入場無料なので訪問をおすすめします。館内は巨大で地図がないと普通に迷います。

↓詳しい記事はこちらをどうぞ♪
【ワシントンDC】ナショナルギャラリー~必見のダ・ヴィンチ絵画、印象派も充実~

国会議事堂(連邦議会議事堂)

所要時間2時間~3時間(ツアー参加の場合)【おすすめ度:★★★★】

ワシントンDCといえば…白亜のドームが美しい国会議事堂。こちらは中を見学するのは見学ツアーへの予約が必須になるので、訪問の際は必ず事前予約しておきましょう(料金無料)。

外からは見られないドームの中は予想以上の美しさなので是非とも見学してほしいです。

↓予約方法や、ツアー内容についてはこちらの記事をどうぞ。
【ワシントンDC】白亜のドームが美しい、国会議事堂の見学ツアーに参加しよう

国立公文書館

所要時間2時間~3時間 【おすすめ度:★★★】

ここでの必見展示は『独立宣言文書』。こちらも入場無料なので、時間が無ければ『独立宣言文書』だけでも見学されるのをおすすめします(そこだけであれば30分程度で見学可能?)。

独立宣言文書は荘厳な展示ホールに鎮座しています。文書周辺だけ警備厳重なのでびびります。当たり前ですが、アメリカにとって超重要文書な訳ですね。ホール内はいつも混雑しているため、朝一か閉館直前がおすすめです。

以前、テレビ番組の『イッテQ』で出川さんが訪問して話題になりましたね(笑)。出川さんが買った独立宣言のレプリカも売店で売ってます。

ホロコースト記念博物館

所要時間3時間~4時間 【おすすめ度:★★★★】

現在、世界中にあるといわれているホロコースト記念館ですが、ワシントンDCにあるこちらが世界最大規模といわれています。かなりショッキングな映像資料もあるので、覚悟をして訪問してほしい場所ですが、ホロコーストの悲惨さについて学ぶことができる貴重な施設です。

ワシントン記念塔

所要時間1時間程度(展望台に登る場合)【おすすめ度:★★★★】

国会議事堂と並びワシントンDCのシンボルともいえる建造物ですね。見るだけであれば、モール内に居ればどこからでも見ることができるのですが、この記念塔頂上に展望台があり登ることができます(事前予約必要)。

あいにく管理人は訪問時工事中で登ることができず悔しい思いをしましたが、登るとワシントンDC全体を見渡せる絶景が見れると大人気のスポットなのでぜひ登ってみてください!

リンカーン記念塔及び周辺モニュメント

所要時間2時間程度 【おすすめ度:★★★★★】

巨大なリンカーン像で有名なリンカーン記念塔をはじめ、ワシントンに来たら見ておきたいモニュメントがたくさん。屋外を徒歩で巡る観光になるので天気の良い日に楽しんでほしい観光です。逆を言えば暑かったり、寒かったりすると地獄です(笑)。

↓散策ルートをこちらで紹介しています♪
【ワシントンDC】リンカーン記念館と各種モニュメントを徒歩で巡る

所要時間の一覧~モールエリア外の施設~

フォード劇場とピーターセンハウス

所要時間2時間~3時間(ツアー参加の場合)【おすすめ度:★★★★】

1865年第16代リンカーン大統領が暗殺された劇場として有名なフォード劇場。ピーターセンハウスは、瀕死の大統領が運び込まれた建物になります。

現在でも現役の劇場であるフォード劇場ですが、見学ツアーでは、劇場内の見学及びリンカーンが息をひきとったピーターセンハウスの一室も見学可能です。ツアー参加には事前予約がおすすめです。

↓予約方法や、ツアー内容についてはこちらの記事をどうぞ。
【ワシントンDC】リンカーン暗殺の地…フォード劇場見学ツアー徹底ガイド

ホワイトハウス

所要時間30分(外観のみの見学)【おすすめ度:★★★★★】

現在、ホワイトハウス内部を見学するツアーは行われておらず、外観のみの見学となってしまいますが、ワシントンDCに来たら、誰しもホワイトハウスは見ておきたい…という気持ちがあるはず。そういう意味での★5つです(笑)。

管理人訪問時、大統領選真っ只中の影響か、ゲート周辺が覆われており、全然良い写真がとれず(笑)。なんとも残念な感じですが、いざ行ってみると『映画で見たことあるのと同じ建物だ!』と大興奮できるので、やはり行った方が良いんだと思いますホワイトハウス。

この辺りで不審な動きすると、すぐに警備が飛んでくるそうなので注意してくださいね。観光客で賑わっており、写真撮影は普通に大丈夫でした。周辺は官公庁街で、エリートそうな方たちが闊歩しております。

アーリントン国立墓地

所要時間2時間~3時間 【おすすめ度:★★★★】

ワシントンDCダウンタウンから地下鉄で15分ほどで行けます。ケネディ大統領が眠る墓があり、アメリカ建国以来40万人以上の方が眠る国立の墓地が観光地として開放されています。

毎時間ごとの衛兵交代セレモニーが人気です。こちらも天気の良い日の訪問がおすすめ。

↓散策ルートやセレモニー内容について詳しくこちらで紹介しています♪
【ワシントンDC】あのケネディ大統領も眠る…アーリントン国立墓地へ。

おわりに

何度も言いますが、見所が多すぎるワシントンDC。観光プランは入念に練りましょう!事前予約が必要な施設の場合は予約をお忘れなく♪

★今回の記事をふまえて、滞在期間別のモデルプランも作成してみたので、こちらの記事もぜひ♪
【ワシントンDC】滞在日数別モデルプランをつくってみた。

DC観光の参考にして頂ければ幸いです!

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など