【最新】アリスとアマリリス・第9話(Kiss_2018年11月号)家事に妹の世話に奮闘するありす!【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アリスとアマリリス第9話『姉妹』
著者:小沢真理
掲載誌:Kiss2018年11月号掲載
出版社:講談社

『世界で一番優しい音楽』『銀のスプーン』で有名な小沢真理先生の新連載で、2018年Kiss3月号から連載されています。

待望の第1巻が7月13日(金)に発売されました!

★第1話~の感想はこちらから♪

ストーリー(ネタバレ注意)

4月、ありすは中学生になった。

ルナちゃんとはクラスは別れたが変わらず仲良し。ルナちゃんはテニス部に入るというは、ありすは妹ココの世話をしないといけないという理由でパソコン部に入ることを決めた(活動が楽なため)。

ルナちゃんとは新しく赤ちゃんが生まれるということをきっかけに仲良くなったけど、専業主婦のママがいるルナちゃんと違って、アリスは学校から帰ってたすぐに家の仕事をしなければならない。

ママが保活を頑張ったおかげで、ココは生後2ヶ月から保育園に入ることができた。そしてママは勤務するパチンコ・パーラーで経理の資格を取り、同じ店の事務室で経理の仕事をしている。定時で帰ってママがすぐにココを迎えに行くため、アリスは学校の帰るにママに頼まれた買い物をしたり洗濯ものの取り込みをしたりしている。

ママが出産のとき入院したときは、同じパチンコ・パーラーの寮に住む同僚たちがありすと一緒に食事をしてくれたりといろいろと助けてくれた。

弁護士の北原先生も時々様子を見に来てくれて野菜を持ってきてくれた。身体にいいからと野菜…。

この日の夕方、ママたちが帰ってくるとアリスが食事を作っていて待っていた!ママはありすを抱きして褒めてくれた。基本言われたことしかやらないありすが自発的に作った初めてのごはんは…んまか棒”を使った斬新なアレンジ料理だった!

牛乳に”んまか棒”のコーンポタージュ味を砕いて混ぜたコーンポタージュに、サラミ味をごはんに混ぜたサラミご飯が食卓に並んだのだった。なんとお米を抜いて一食計77円の激安料理、どや顔のありすに困り顔のママだった。

ある日、クラスメイトに土曜日にクラスの親睦会で遊園地に誘われたありす。まだ新しいクラスで友達を作れていないありす、土曜日はママも仕事が休みだから行けるはずと楽しみにしていたのだが…

急遽ママがホールの手伝いをすることになってしまい…ありすがココの面倒をみなくてはいけなくなってしまった。ありすは動揺するが、ママには遊園地のことは言わずに了解する。

翌日、誘ってくれたクラスメイトには『家の用事で行けない』と断る。前にルナちゃんに『ありすってば主婦みたい』と言われたことが気になって、妹の面倒を見るとは言えなかった…

放課後、パソコン部の活動をしていると窓の外でテニス部の活動をしているルナちゃんの姿が。それを見て羨ましく感じるありす。

…やっぱあたしは主婦にはなれない …ていうかなりたくない

みんなみたいにテニス部入ったり遊園地行ったりしたい

暗い気持ちで帰宅していると、クラスのイケメン男子 吉羽渉くんに声をかけられる。

遊園地に行かないのか?と聞かれるが、行かないと答えるありす。

完全に一軍に入りそびれた感…、を感じるありすだった。

そして土曜日、仕事へ行くママを見送るありすとココ、泣き出すココをあやしたり、ミルクを飲ませたり、お昼寝をさせたり、寝顔は天使だが、寝姿はまるで社長…。

クラスの皆は遊園地かと思うと、無責任に出ていったパパや母子家庭になって家計も苦しいのに赤ちゃんを産んだママを責めたくもなる気持ちが出てくる。

そんなことを考えながら、ココの隣で一緒にうたたねすると

おねえちゃんがうんでっていったんだよ?”とココの声が聞こえる気がする。

そうだった、 誰よりも私がココが生まれてくることを望んだ。

忘れていた気持ちを思い出した気がするありす。

夕方、ママがが帰宅すると、ありすはまた『んまか棒』クッキングメニューで夕食を用意していた。ポテトサラダんまか棒トッピング、んまか棒のカナッペ風、んまか棒オムレツにきゅうり&チーズinんまか棒の4種類!

『ひとつの材料でこんなにいろんなものを作れてすごい』とママは褒めてくれた。

世の中はたしかにいいことばかりじゃないけど なんかそんなにわるくもないよね

ママにほめられてそんなふうに思っていたら 『わかったかね?』って言ってるみたいに

ココもあたしのほっぺをなでてた

次回第10話~ Kiss 12月号( 10 /25 発売予定)に続く~

感想

ありすも遂に中学生!ママもすぐに職場に復帰して、新しく誕生したココちゃん3人の生活が始まっていました。

展開早いのもこの作品の魅力ですね~。

しかし、ママ。保活も頑張って経理の資格もとったりたくましすぎます!パチンコパーラーの同僚の皆や北原先生も暖かく応援してくれてる様子も見えました。

そんな周りのサポートもあるとはいえ、当然ありすも家の手伝いを頑張っていて。本当は入りたかったテニス部を我慢したり、友達に『主婦みたい』と言われてしまってちょっと傷ついてしまったり、極めつけはクラス親睦会の遊園地!ありすの葛藤が伝わってきます。

パパやママをなじりたくなる気持ちが生まれるのも当然です。でもそんな気持ちを救ってくれるのもまた家族の存在しかないんですよね。眠るココちゃんは可愛かった(社長みたいだけど)。

ありすの”んまか棒”料理、味が気になりますね。小沢先生の料理のシーン大好きなんですけど、『銀のスプーン』とのギャップがすごい(笑)。というか中1であそこまで料理作れるって普通にすごいですよね。ポテトサラダにんまか棒トッピングはありな気がします。これからもありすの変わり種レシピ見てみたいです。

次号の掲載も楽しみにしたいと思います!

↓未読の方はぜひ!おすすめしたい作品です。

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など