長閑の庭・第27話(Kiss_2018年9月号)元子の悩み…医者からの呼び出しはいったい !?【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長閑の庭(のどかのにわ)第27話
著者:アキヤマ香
掲載誌:Kiss2018年9月号掲載
出版社:講談社


☆最新6巻が2018年7月に発売されました!

『長閑の庭』は隔月連載です♪前回までストーリーが気になる方はこちらをどうぞ♪

以下、ネタバレ含みます。

ストーリー(ネタバレ注意)

自分の榊教授への恋心が受け入れられ、この幸せが永遠に続けばいいと感じる元子。

いつもの朝、同居している仲の良い祖父と夜勤明けの母に朝食を出す。

最近の元子の明るい表情に気づいた母は、『彼氏でもできた?』とちゃかす。最初は元子に彼氏ができることにショックを受けていたお祖父ちゃんだったが、『20代そこそこの若い男に多くは求めない、彼氏ができたらお祖父ちゃんに紹介してくれな』と笑顔で言われるが、相手が30歳も年上も榊教授とは言いだせなかった。

後ろめたい想いを抱えながら大学に行くと榊教授の元妻、朝霧教授に声をかけられる。元子と榊教授の関係については、先日榊教授から直接報告を受けている朝霧さん。

『おめでとうとは言えないけど嫉妬で恨んだりしないから安心して』と笑う朝霧さん。しかし、『2人の関係は絶対に周囲に漏らさないこと、この関係が必ずしも歓迎されるものではない』と忠告する。

少し落ち込んだ気持ちで構内を歩いていると、田中さんと榊教授に出くわす。そこで榊教授がなにかの検査で引っ掛かり医者に呼び出されていることを聞く。心配する元子だが、『あの医者はいつも大袈裟だからたいしたことない』と言う教授。

そこへなんと元子のお祖父ちゃんが友人たちとやってきた。最近テレビで紹介された大学の食堂に昼食を食べに来たというのだ。

恥ずかしがる元子。お祖父ちゃんはそこにいた教授と田中さんに挨拶する。教授の表情が気になる。

おじいちゃんは、なんとなくチャラい雰囲気の田中さんに警戒感を示したようで『可愛い元子に手をだすな』オーラを出しまくる。

おじいちゃんたちと別れた後、何か元気がない元子の様子に気づいた田中さんが、話なら聞くよと言い研究室で話すことに。

そこで教授とのことを家族に言えないと打ち明ける元子。さっき、お祖父ちゃんは田中さんには厳しい目を向けたが、榊教授には向けなかった。同じ世代の男性と付き合うものと決めつけているからだ。

歳の差に驚かれることもあるし、先生と学生の交際が望ましくないということもわかっている。だからこそ自分も迷惑をかけないようにすると言ったが、時々『普通』ってなんだろうと思う。

お祖父ちゃんの何の疑いもない決めつけが私に対する愛を感じるからこそ嫌だった。でも何より口をつぐんでしまった自分が嫌だった。

その時代のその地域の自分の周りの正当化されたものが『普通』だが、そこから外れたものが全て『悪』ではない。人を好きになることは素敵なことだから、いつかお祖父さんもわかってくれる、と田中さんはアドバイスをくれる。

榊教授とのことを相談できる相手はあまりいないだろうからまた何かあったら相談してくれとも言ってくれた。しかし、以前榊教授が言った『全力で彼女を守ると誓う』という言葉を聞いて大した相談はないだろうと感じている田中さんなのだった。

その日の夜、雑貨屋で教授へのクリスマスプレゼントを探す元子。

心の奥では『普通』に憧れていたのかもしれない。だから色々な言葉に囚われたしまったが、教授を好きという事実が一番大事なんだ』と気づく。好きな人の好みのものを想像する幸せをかみしめる。

一方、その頃教授は、自室で茫然自失の様子でコーヒーフィルターにお湯を注いでいた。

友人の医者の言葉がよみがえる。

今日からお前のしたいことを全力でしろ 少しでも長く続くよう友人として全力でサポートする。それが、何年間…何か月であってもだ

上手く注ぐことができずフィルターからコーヒーがこぼれる。

この幸せが永遠に続きますように―――と願う元子の笑顔がよぎる。

~次回第28話~ Kiss 11月号( 9/25発売予定)に続く~

感想

やはり前回、最後にあった電話はよくない電話であったか…

やっと幸せを掴んだと思ったのに、この展開はかなり衝撃で悲しかったです。

この展開は最初から決まっていたんでしょうか…アキヤマ先生。

友人のお医者様からのお話はやはり余命宣告だったんですよね…。この事実を聞いて教授はどのような行動に出るのでしょうか。正直に話すようには思えないし、突然この関係は終わりにしようと元子を突き放すような行動をとってしまうのでしょうか。

今話は教授の出番が少なくて、田中さん大活躍の回でしたね。元子の悩む心を救ってくれたと思います。周囲からの反応はやはり気になりますよね。自分の大切な家族だからこそ、好きな人とのことを応援してほしいものです。

田中さんのアドバイスの甲斐もあって、『教授を好きだという事実が一番大事』と幸せを感じられた元子でしたが、次回からの展開が心配です。あ~いっぱい泣くことになりそう。

次回の掲載も楽しみにしたいと思います。

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など