【ハイパーミディ中島ハルコ】林真理子×東村アキコ~大人女子に喝を入れまくるハルコさんがすごい!(感想)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東村アキコ先生大好きなので、新作が出たら必ず読むようにしているのですが、

最近読んですっかり夢中になってしまったのがこの作品、『ハイパーミディ中島ハルコ(集英社1~3巻既刊)』なんです!

林真理子×東村アキコの初タッグ作品

東村アキコ先生といえば、ドラマ化もされた『東京タラレバ娘』が大ヒット

タラレバ娘のテイストが好きな方には絶対ハマると思います。

タラレバ娘がアラサー女子に喝を入れる漫画であるならば、中島ハルコはそこから年齢層があがった全大人女性に喝を入れていく感じですね。

中島ハルコの場合、原作があり、著書はなんと林真理子さん。

きっかけは東村先生と小林真理子先生の対談。林真理子先生の最強のオバハン~中島ハルコの恋愛相談室(文春文庫)を東村先生が読んだことで即漫画化が実現したそうです!

まさに最強のタッグといった感じ。

漫画化実現までの流れは単行本1巻巻末マンガに詳しくかかれていますね~。

会議も打合せもなくLINEのみのやりとりで決定したというから驚きです(笑)

(東村マンガはなんといってもあとがきオマケ漫画までおもしろいから好き)

漫画化にあたり、タイトルもポップな感じに変わっていますし、原作自体7年前の作品なので、ところどころ最近のものに変えてるそうですが、内容はほぼ原作をそのまま漫画化しているそうです。

これは読まねば!!

↓続編も出てるんですね~♪

ハルコさんへの恋愛相談でスッキリ

ストーリーを軽く紹介していくと…

ストーリーはパリの高級ホテルで38歳になるフードライターのいづみがハルコさんに出会うところから始まります。

いづみは不毛な不倫を10年続けており、順調だった仕事も昨今の出版不況で停滞気味という状況。

ハルコさんは52歳、美容関係の情報サイトを経営する会社の社長であり、バツ2の独身

ひょんなことから朝食を一緒に食べることとなった2人。ハルコさんの遠慮のない言葉に驚きながらもいづみが自身の恋愛の相談をすると、ハルコさんのアドバイスのおかげで不倫を断ち切り前に進むことができました。

これをきっかけにいづみとハルコさんの交流がはじまるのです。

基本的にストーリーは、1話完結型で、いづみの友人の恋愛相談をハルコさんが聞いて喝を入れたり、バッサバッサ切って、出会った人たちに影響を与えていくと言うもの。いづみの目線から進んでいきます。

ハルコさんの人柄はというと、全く遠慮がない!自分語りがすごい!そして金にはケチ(笑)

そこだけ聞くとなんだこの嫌なおばさんって感じなんですけど憎めない魅力がハルコさんにはあります。

そして面白いのは、ハルコさんが与えてくれる荒療治的なアドバイスが結果的に納得してしまうことばかりなんですよね。

ハルコさんがこれまで歩んで来た人生も説得力を裏打ちしています。行動力ありまくり。

ハルコさんの自慢話も爽快に聞こえてきちゃうから不思議(笑)

いづみがだんだんと、ハルコさんに適応したように、読者のわたしたちもハルコさんのキャラクターに慣れてきちゃうんでしょうねきっと。

読後感がスカッとするし、単純に人生の勉強になるので、是非いろんな方に読んでほしい作品だなあと…。

1話につき、1格言というか、必ず刺さる言葉があるはず!

東村先生の別作品タラレBarなんかが好きな方にも絶対はまると思います。

おすすめです!!

ハルコさんのモデルは?

とにかくふつうのおばさんじゃないハルコさん。

モデルとなった人物はいるのか…!?

気になりますよね。

それについても単行本2、3巻のの巻末マンガに描いてくれています。

なんとモデルとなった方がいました!(いるんだ!)

林真理子先生の旧知の友人の『奥谷 麗子さん』という方だそうです。

林真理子先生のエッセイ等に頻繁に出てきてる女社長さんみたいですね。

巻末マンガでは、東村先生がその奥谷さんと初対面したときのエピソードが(笑)

出会い頭の第一声がなんとも笑えます。

ドラマ化するなら…?

東京タラレバ娘、偽装不倫、美食探偵に続いて次にドラマ化してほしい東村作品です。

そうなるとハルコさんは誰にやってほしいかなー。アラフィフ美人女優の真矢みきさんとか天海祐希さんとかどうでしょうか。

東村先生の作品ってほとんどドラマ化してんじゃないかってくらいですからね。すぐにでも実現しそうですね~♪

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など