【最新】来世は他人がいい(3巻掲載予定・番外編)吉乃の成長記録を布袋と共に!【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『来世は他人がいい(番外編)』ネタバレ&感想です。

11月24日発売のアフタヌーン1月号に掲載されています。

2017年秋からアフタヌーンで連載開始、2018年7月23日に第2巻が発売されました。特装版にはフルカラー小冊子付がついています。

来世は他人がいい【2巻・特装版小冊子】作品設定資料集の感想(ネタバレ注意)
2018年7月23日に第2巻が発売された小西明日翔先生の『来世は他人がいい』、第2巻特装版の付録にはフルカラー小冊子『作品設定資料集』が付い...
★第1話からの感想はこちらから♪

ストーリー(ネタバレ注意)

今月号はなんと番外編!ということで。

ショートストーリーが11本も掲載されていましたー。

吉乃が1歳の頃、祖父の染井組に引き取られてからの成長譚を読むことができます。

吉乃~1歳ちょっと

1歳ちょっとの吉乃をおんぶする布袋の様子。当時20代前半で年の離れた妹がいるという理由だけで吉乃の世話を任されることに。

組長の孫として紹介され、吉乃をなんて呼んだらいいのか聞く布袋。吉乃さんか、お嬢さんか…

そんな真面目な布袋にドン引きする染井組長。

お…お前 ついこの間生まれてきた人間に さん付けするんかいな…

それ以来、いかに組長の孫といえど吉乃を呼び捨てで読んでいる布袋だった。

蓮司のこの感じいいですね~。吉乃は組長の孫という立場だけど、布袋は呼び捨てなんだな~さすが親がわりとか思ってたんですけど

こんな経緯があったとは(笑)

ジュース(1歳2ヶ月)

はじめて吉乃に、水と薄めた麦茶以外のものを飲ませる布袋。

はじめてりんごジュースを飲んだときの吉乃の表情は必見!(笑)

歩行器(1歳3ヶ月)

1歳になってもよその子と比べてなかなか歩かない吉乃の成長を気にする布袋。

歩行器を駆使して移動する吉乃、その理由が明らかに!

尾行(1歳9ヶ月)

布袋がタバコを吸いに、吉乃の世話を舎弟に頼みそばを離れベランダに出ると…

窓にへばりついて外の布袋を見つめてくる吉乃。

今日もタバコが吸えない布袋だった。

吉乃が布袋に懐いている様子がわかります。束縛する吉乃かわいいな~

刺青(2歳0ヶ月)

白いTシャツを着ると背中の観音菩薩の刺青がくっきり見えてしまう布袋。

後ろから忍び寄りその観音菩薩の目つぶしをする吉乃。

吉乃は成長した今でも霧島の虎をたまに目つぶししている。

吉乃の行動おもしろ~!三つ子の魂100までなんだな。今だに霧島にやってんの笑える。

布袋の背中には観音菩薩が彫られていることが明らかになりましたね~

イヤイヤ期(2歳11ヶ月)

気が強く我も強い吉乃は一度機嫌を損ねると絶対に謝らないし泣き止まない

どこからどうみてもカタギじゃない布袋と舎弟が泣き叫ぶ吉乃のそばにいるのを見られると、通行人からは虐待もしくは誘拐と勘違いされる。

即刻その場から撤収する布袋たちだった。

吉乃、鳴き声が前回高熱出してうなされながらも病院に行きたがらなかった時の鳴き声と一緒!(笑)

『メ”ェェェェェェェェェ』

血縁(3歳0か月)

多忙な祖父、蓮司が2ヶ月ぶるに帰宅するも、布袋の後ろに隠れて『だれや』と返す吉乃。

ショックを受ける蓮司だが、数時間後には一緒の姿勢で寝ころんだり、昼寝をしたり、2人の血の繋がりを感じる布袋だった。

身長(幼稚園4歳)

普段、染井組のなかだと、チビや小さいと言われてばかりの吉乃だが、幼稚園の入園式で撮った写真が現像され皆で見ると、吉乃は同級生より頭一つ飛び出ている。

このとき全員が吉乃がめちゃめちゃでかいことに気づいたのだった。

吉乃、小さいときから身長高めだったんですね~。特装版情報によると170㎝の吉乃、モデル体型だな~

大雑把(小学4年生)

明日はプールの授業で準備をしたという吉乃、念のため布袋がプール用の荷物を確認すると

タオルなどの洗濯物がすべて裏表反対だった。

こういう細かいことにイラっとする布袋

吉乃は成長した今も習得できず、今は布袋の代わりに霧島が気づいたときにたたみなおしている。

世話

現在、

一緒に登校するため吉乃の離れまで迎えにきた霧島。布団を干すから少し待っていてという吉乃。

洗面所にあるフタ閉め忘れの化粧水に気づき、閉めて戻す霧島。

そして台所の空の醤油さしに醤油を補充する霧島。

その作業を吉乃が布団を干すまでに完了する。

日々地味に吉乃の世話をやいている霧島だった。

霧島と吉乃の日常が垣間見えるショートストーリー

よくできた男だな~ 

荒業

下校前、校門前で霧島待ちの吉乃。

塀の前にいた黒猫につられ少し移動すると、後ろから2人乗り自転車の男どもにぶつかられ

邪魔なんだよブス』と捨て台詞を吐かれる。

怒りが一気に沸点にあがる吉乃 『待てや ゴラクソガキ!!』と叫んだその瞬間、

どこからか現れていた霧島がその男2人を自転車ごと 顔を掴みドツいて張り倒す。

お前ら 今何やって何つった?

完全に切れてる霧島の様子を見て、吉乃の怒りは一気に氷点下に!

そしてなんと吉乃が霧島にキレ返す!

霧島ァァァァァァァ!アンタが遅いからコイツらにぶつかられるハメになったんだろうが!

もうええわ!待たされるのが一番嫌いやねん!さっさと帰るぞ!

慌てて謝りながら吉乃を追いかける霧島。日直で帰りが少し遅れたが今度から絶対待たせないと吉乃のフォローしまくる。

そのすきに完全にビビっている男2人を『さっさと去ね!』と逃がす。

霧島にキレられると本気でヤバいので自分が先にキレることで霧島を自分のフォロー役に回しそれを回避するという捨て身の荒業を身につけた吉乃であった

いや~笑った!確かにそうするしかこの場を納まらないですよね!あのまま霧島キレさせといたら校門前が血の海に…なってますね確実に!

霧島の取り扱い説明書を把握してる吉乃の感じが最高でした。

感想

今月号は番外編ということで本編ではなかなか読むことができないシーンがたくさん!

番外編より本編の続きが読みたいな~とか思ってましたが、大満足の番外編でした。

全部笑えます。

前半は完全に布袋の育児漫画でした(笑)!

設定で布袋が吉乃の実質育ての親ということは知ってましたが、思ってた以上に吉乃のことちゃんと育ててましたね。吉乃の食事とか、成長とかいろいろ心配したりほんとお父さん的ポジション。微笑ましく読めます。

小さいときの吉乃がかわいい~

小西先生、小さい子どもの表情とか行動とか描くのうまいな~流石です。

後半2編は現在の吉乃と霧島の日常のやり取り。

総括するとお互いが持ちつ持たれつ…いい関係を築いているということでいいですよね?うんうん。

相手がキレるのを阻止するために自分からキレてく!ってスタイル面白すぎました。霧島と一緒にいると日常茶飯事的にありそうですが。気苦労が多いな吉乃…(泣)。

さてさて次号より本編再会ということで、次回の掲載も楽しみにしたいと思います♪

作者様のTwitterによると、なんと新キャラ登場とのこと。

どんな魅力的なキャラクターがでてくるのかな~。

★小西先生の初連載作品『春の呪い』の感想をこちらの記事で紹介しています♪

このマンガがすごい!2017年オンナ版2位『春の呪い』感想【ネタバレ注意】
2017年の『このマンガがすごい!』が発表されました。オンナ版の第2位に輝いたのは、小西明日翔先生の『春の呪い』。発表されるまで未読だったの...

↓第1巻には1話~3話が掲載♪

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など

コメント

  1. ぴよぴよ より:

    こんばんは~!
    遅くなりましたが、番外編読みましたよ~!

    私は目潰しがツボで、笑いが止まりませんでした(≧∇≦)
    ジュース飲むくだりも可愛かったです。

    どれも良かった!もっと読みたい!

    でも本編も気になるところ。
    そろそろ大阪に里帰りする話でしょうか。

    新キャラとは?

    いとこの椿ちゃんかなぁ。
    あの娘もなかなかのキャラっぽいですよね。

    最初は何だ!この女!と思ったけど、速攻で霧島のめんどくさい性格を見抜き、吉乃の顔を整形してでも逃がそうと考えちゃうところに「うんっ、いい娘!」と、気に入ってるキャラなんです。

    あと半月。待ち遠しい!

    ではまた(*^^*)