来世は他人がいい(4巻・第15話後編)連絡先を交換した吉乃と菜緒。一方、菜緒はヤバい男に弱みを握られ…【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『来世は他人がいい(第15話 無関心ならいっそ嫌われたほうがいい③(後編)』ネタバレ&感想です。

11月25日発売のアフタヌーン1月号に掲載されています。

『このマンガがすごい!2019』オトコ編で見事8位にランクイン!おめでとうございますー!

2017年秋からアフタヌーンで連載開始、2019年5月23日に第3が発売されました!

★第1話からの感想はこちらから♪

吉乃の部屋(吉乃と翔真)

シーンは大阪の吉乃の部屋。

ベッドに寝ころびながらスマホの画面を眺める吉乃。

傍らには、ポテチを食べながらリラックスした様子の翔真。

ほんまに教えてくれるとは思わんかったな…』と吉乃が独り言。

スマホの画面には、菜緒のLINEアカウントが。

大学で吉乃が菜緒との別れ際に言った『最後にもう一つ聞きたいこと』とは菜緒の連絡先だったのだ。

霧島のことを知っている人間にまた会えるかわからないし、ダメ元で聞いてみたところ教えてもらったのだ。

ネットで菜緒のことを検索してみると、輝かしい経歴に吉乃も驚く。

翔真に『汐田菜緒』って子を知っているかと聞いてみるが、もちろん翔真は知らない。

どこで霧島が菜緒のような子と知り合うのかと思ったが、そもそも子供のときは金持ちばかり集まる学校に通っていたのか…と吉乃が納得していると

翔真が『何かあったんすか』と聞いてくる。

翔真は大学で試験があったため、今日のキャンパス見学にはついて行けなかったらしい。

明日も見学に行くなら、試験は明日までだから夕方から合流すると言い出す。

東京ではいつも2人きりなのだから、いつもと変わらない、と吉乃。

そもそも、翔真が試験期間中にも関わらず吉乃の部屋でダラダラとポテチを食べてばかりいることに怒る。

試験はまぁなんとかなる、とシラ~とかわす翔真。

吉乃が少しパソコンをいじる。

あ やっぱ神戸 ラッキー不動産得意分野じゃん』と発言。

翔真に車のキーを渡し、『どうせ勉強しないならアンタも来る?』誘いと何やら服を着替えようとする吉乃。

上手くいったら高い焼肉タダで食べられるで』と笑顔だ。

夜のクラブにて(菜緒と小津くん)

夜クラブの一角で。1人スマホ画面を見つめる菜緒。

吉乃のLINEアカウントだ(ちなみに桜餅)。

菜緒もまさか別れ際に吉乃から連絡先を聞かれるとは思っておらず、少なからず驚いていた。

ただ吉乃の様子から聞いたことに深い意味はなく、見た目は派手だが、いかにも田舎っぽい中身空っぽの女って感じ…との印象を吉乃にもっていた。

そこへ菜緒がかつて付き合っていた小津くん(大手芸能事務所エンプロの重役の息子)登場。

気分でも悪い?』と菜緒に近づく。

菜緒は『ちょっと休憩してただけ』といつもの外面用の笑顔だ。

小津からの連絡に菜緒が返事を返していなかったことを指摘され、

俺のこと避けてるよね? もしかして俺の噂聞いた?』と質問される。

噂とは、小津と同じ大学の友人が、小津の仲介で知り合った女をホテルに連れ込もうとして騒ぎになった件のことだろう。

菜緒も否定しない。

小津は菜緒が卒論を大学の友人の男に手伝わせていることを引き合いに出し、

菜緒は寄ってくる男を相当上手く使い来ないしているよな』、

俺に近づいたのも家が金持ちだからだろ』と発言。

小津の挑発するような物言いに、さすがの菜緒も軽く戦闘モード。

…何 さっきから 前から思ってたけど小津くんたまに感じ悪いよ

もう別れたんだから わたしにあんまり絡んでこないでほしいんだけど

自分も寄って来る女を使ってる自覚があるため、むしろ菜緒のことを褒めているという小津。

唐突に例の事件について真相を話し出す。

噂では、小津が無理やり周りの奴に事務所の女を紹介させられているのではというものだったが、

小津は見るからに売れなさそうなタレントとかモデル志望を太い客に紹介して仲介料得ていたのだ。

今回、女性が無理矢理ホテルに連れ込まれたことを訴えて警察沙汰になったことは、自分の女を見る目がなかった。

一生の金ヅル手に入るチャンスを自分で不意にするなんて、馬鹿な女だ、と一蹴する。

これは金が目的でやっているわけではなく 人脈と人の弱みを掴むには女を使うのが手っ取り早いからというのが理由だ。

なぜ小津が唐突に自分にそんな話をするのか意図が読めない菜緒に、更に小津はたたみ掛ける。

俺 結構ヤバい奴とつるんでるけど

菜緒も大概だよな

お前 深山霧島と寝たんだろ?

小津は、実家の事務所の関係でヤクザとは付き合いがあり、霧島とも付き合いがあるのだという。

しかし、なぜ小津がそのことを!?

菜緒は動揺するも、『誰かと間違えていないか わたしじゃない』と否定。

こっちには写真も動画もある』と牽制したうえ、小津は菜緒の他の弱みも握っていた…

菜緒がまだアメリカにいた頃、具体的には2年前の7月に大学の同級生とブルックリンのミックスバーでマリファナをしたことがあるだろうというもの。

実際、やったかやってないか ヤクザと寝たかどうかなんてどうでも良い。

その場にいたってだけで俺ならやったことにできる

芸能活動をしており、キー局アナの内定が決まっている菜緒にとっては痛すぎる弱みを2つも握られていた。

菜緒も『…わたしに何させたいの』と相手の要求を伺うしかない。

話が早くて助かる、という小津。

小津からの要求は

明日 指定する場所に霧島を連れて来いというものだった。

もちろん本人には気取られてはいけない。

そしてできれば 霧島とつるんでいるヤクザの孫娘、吉乃も連れて来いと迫る。

そしたらマリファナの件も一緒に無かったことにしてやるという。

小津自身は霧島には興味がないが、知り合いは『用事』があるらしく、その知り合いに世話になっているという小津は断れないのだという。

菜緒はそこで初めて、キャンパス見学で会った吉乃が、桐ケ谷組幹部の孫、染井組の組長の娘であることを知る。

霧島を売ることに罪悪感を感じてるなら必要ないという小津。

菜緒がヤクザとつるんでるって情報を流したのは、他でもない桐島本人だった。

お前アイツに売られたんだよ

上手く男使い分けてるつもりが良いように使われて残念だったな

まぁ今更後悔してもどうにもならないからよろしく頼むよ

~第16話につづく~

感想

今回は、完璧 霧島が不在の回でした!!

いよいよ物語が展開していく感じでしたね!!

さてさて冒頭から。

吉乃と翔真の家族特有のくつろぎ感!一緒にいて楽な感じ!
いいですね~~~

これは霧島見てたら絶対妬くわ~(笑)

翔真、自分が不在で吉乃と霧島を2人でキャンパス見学行かせたの、気にしてましたね。
基本無表情なんで、無自覚なのかよくわかんないですけど、言動の節々から吉乃への想いが透けてみえるのは私だけでしょうか…。

前話のラストで、吉乃は菜緒に何を最後に聞いたのかな~くらいに思っていたので、まさか連絡先まで交換していたとは驚きました。

そして、『あ やっぱ神戸』ってどういうことなんでしょう!
『不動産 得意分野』って誰の!?

吉乃がまた楽しそうなのが気になります!

吉乃が翔真と今にも出かけそうな雰囲気なので、このまま神戸に移動するんでしょうね。

そこにはいったい何があるのか!?
情けないことに全く想像がつきません(笑)

霧島も神戸にいたりするのかな?

後編は、吉乃と翔真の微笑まし~いやり取りから一転。

一気にドロドロ。
っているか緊迫感しかない、菜緒と小津くんが登場。

キー局の女子アナに内定している菜緒にとって 痛い弱みばかり握られてしまっていましたね……

小津くん、初登場時は1コマだけで、2人が別れるきっかけとなった発言から、
めんどくさそ~な男だと思ってましたが、まさかここまで菜緒を追い詰めるなんて。

発言の節々がゲスすぎます!
完ペキ人を手駒としてしか見てないよな。

ナチュラルにむかつくので、どっかで痛い目みてほしい!

こうもあっさりと霧島が菜緒と関係していることを外に漏らすとは思ってなかったので驚きましたが、とりあえず小津のバックにはヤクザがいて、そのヤクザが霧島に何らかの恨み?があるということでしょうか。
そしてなぜ吉乃も呼び出す必要があるんでしょうか。

そういえば、菜緒たちがいるクラブは東京ではなく、大阪ってことでいいんですよね?
明日霧島を呼び出せ、っていってるわけだし。

吉乃たちも動き出したし、明日いったいどうなってしまうんでしょう。
菜緒はどうやって霧島と吉乃を呼び出すのかな?

ラストのあおり文に『容赦ない男の手が、吉乃に迫っている』とありましたが、用心棒として翔真もついて来てくるんでしょうし、大丈夫でしょうきっと!(笑)
なんて楽観的にとらえています。

次号も楽しみに待ちたいと思います。

★小西先生の初連載作品『春の呪い』の感想をこちらの記事で紹介しています♪

このマンガがすごい!2017年オンナ版2位『春の呪い』感想【ネタバレ注意】
2017年の『このマンガがすごい!』が発表されました。オンナ版の第2位に輝いたのは、小西明日翔先生の『春の呪い』。発表されるまで未読だったの...

↓第1巻には1話~3話が掲載♪

↓第2巻には4話~9話が掲載♪

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など

コメント

  1. ぴよぴよ より:

    こんにちは!
    今号はやっと話の筋が見えてきたという感じ?

    小津君、やっぱり悪者でしたなぁ。
    小津君の『知り合い』とは?
    お近づきになりたくて~…ではないですよね~。
    ものすご~く深読みして、吉乃母だったり(^^;

    まあ復讐・仕返しを企んでる輩だと思いますが…
    霧島や吉乃のバックがヤクザであると知った上で、手を出そうとしてるわけですよね。
    で、霧島だけならともかく、吉乃も巻き込む理由とは。

    霧島の弱点として吉乃を利用するなら、まず吉乃だけを手に入れますよね。
    二人一緒という事は…あれかね?最初の頃の、クラブで一悶着あったやつ。
    あの時の奴ら?
    でもそれだと何でわざわざ大阪で呼び出すのかが謎。

    うーん。

    筋が見えたと思ったけど、やっぱりまだ霧の中でした(TT)
    いつまで続くん!?

    • koarikui より:

      ぴよびよさんこんにちわ。

      今月号話が展開する感じで面白かったですよねー!まだまだ謎ばっかりですけど

      小津くんが思ってた以上にゲスでした(笑)
      ここまで大阪編に絡んでくるとは思わなかったなぉ。
      知り合いが霧島だけでなく吉乃も呼び出したいってのが気になりますよね。

      そういえば大阪編おかあさん出てくるんですもんね、予告によると!出てくるとしてらどのタイミングなんでしょー!

      来月後も楽しみですね♪