ゆりあ先生の赤い糸・第17話(3巻掲載予定)姉妹を預かります!謎の一家団欒?【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆりあ先生の赤い糸 第17話『私が預かります』
著者:入江喜和
掲載誌:BE ・LOVE21号(2018年)掲載
出版社:講談社

2018年2月にBE・LOVE(講談社)にて連載がスタートした『ゆりあ先生の赤い糸』。

第1巻には第1話~第6話が掲載されています。ストーリー&感想はこちらをどうぞ♪

【ゆりあ先生の赤い糸1巻】50歳の新ヒロイン、「たそがれたかこ」の入江喜和先生新作!ストーリー(ネタバレ注意)&感想
前作『たそがれたかこ』でマンガ大賞を受賞した入江喜和先生の最新作『ゆりあ先生の赤い糸』の第1巻が2018年7月に発売されました! おか...

過去のストーリーはこちらから♪

ゆりあ先生の赤い糸・第16話(3巻掲載予定)愛人2号?(今度は女性)の病室へ突撃!【ネタバレ注意】
ゆりあ先生の赤い糸 第16話『VS Loverやさぐれ編』 著者:入江喜和 掲載誌:BE ・LOVE20号(2018年)掲載 出版社:...

2018年10月12日に第2巻が発売されました!第7話~第14話まで掲載されています。

第17話ストーリー(ネタバレ注意)

2人を自分が預かると口走ってしまったゆりあ。

我ながらアキれて自分の気持を分析中ですけど 

あなたに優越感を持ちたいとかいい人でいたい気持ちよりも 

子供の前で『ママをぶつ』なんてクソ野郎に この子ら預けるのを見過ごして自分のクソ野郎になるのが一番イヤだ

そんなわけで完全にこっちの独断だが 言ったからには 入院中責任をもってこの子らをウチでみようと思うとはっきり告げる。

明らかに嬉しそうな『まに』。よかったね。女性も戸惑いながらも…お礼を言うのだった。

みのんは保育園に通っており、おむつもしている。わからないことはその都度聞くといい、女性の電話番号など連絡先を交換する2人。女性は『小山田みちる』と名乗った。

それからゆりあは子供2人を連れ、地下鉄で2つ先の彼女らの住居へ。ランドセルやおむつやらを取りにいくことに。子供を連れて歩くには、姉の子供たちが小さかった時以来だ。

かなり生活感溢あふれる2階建てアパートの1室。

ゴロさんパパが来た時は、よく一緒にお片付けしてくれたというまにの言葉に、こうなったことを早くも後悔し始めるゆりあ。

あれこれ準備して自宅に戻ったときには夜の七時半。

ちょっとめんどくさいタイプの吾良の妹、しおりちゃんも帰ってきていた。先日吾良の介護を手伝いにいけなかったことを詫びにきていた。不在の間、ヤナイ青年と映画の話と盛り上がっていたらしい。ゆりあの顔を見たら帰ろうと思っていたと、夕飯を薦めたが仕事も溜まっているとすぐに帰っていった。内心ホッとするゆりあ。

最初笑顔で出迎えるも一緒に帰ってきた姉妹をみて、明らかに不満げなヤナイ青年(笑)

で 会えなかったんですか? メス豚に』と愛人2号?をメス豚呼ばわりする。

今から話すからとりあえず一緒に夕ご飯の準備を手伝ってほしいと頼む。冷蔵庫のあまりもので鍋をつくることに。

ガッカリですよゆりさん

その変なヒロイズムというかナルシズムのシワ寄せの結果— ボクは今キャベツを切らされているワケですね

愚痴るヤナイ青年に、そこまで言うなら今からアンタが言ってこいとなじるが、

頭が悪い女が宇宙で一番苦手なので 無理』と一蹴する。

何か手伝うことなる?と健気な様子をみせる姉、まに。

鍋は吾良の大好物だった味噌特製スープの鍋。なんとヤナイも吾良が作ってくれた味噌スープを食べたことがあると言い、またも複雑な気持ちにされる。

結局「ここじゃない生活」を求めたワケだ 

ヤナイリクとの恋人ごっこも この子たちとの親子ごっこも 

私が義母と2人っきりでさびしいの考えないようにしてた間も

…今考えだしたら奈落の底まで落ちて 世界が憎しみ一色になる

やめとけと自分で負の思考にブレーキをかけるゆりあ。それよりは、かつて子供時代父の『ウマいもん食って全部ふきとばしちゃえ!」という言葉を思い出す。

今日のところはそっちでいく!!

気持を振り切り、姉妹と義母が待つ食卓へ鍋を運ぶ。

ヤナイは頑なにここで食事を一緒に食べて行こうとしないが、今回は少し分けてもらい好物のニオイを吾良にかがせてやるという。ニオイだけでも脳にいいかもしれないというヤナイなりの気遣いをみせる。

まにに『ねぇりっくんはゴロさんとゆりあさんのムスコー?』と聞かれ、

彼氏って言っちゃまずいですか?』とヤナイ

それを聞いて、まにが『ゆりあさんの彼氏!?』と勘違いして驚く

それを全力で否定する2人(笑)

フクザツなんだねパパの家も…

とまに。ハイ正論ですね。

~第18話へ続く~

感想

最後は謎の一家団欒感風景で次話につづく!でしたね。愛人(男)と愛人?の娘と囲む食卓なわけなんで相当複雑なんだけど。やはり小さい子たちがいるから癒されます。

確かにヤナイはハタからみたら息子のようにも見えるし、普通吾良の恋人にはみえないですよね。

やっぱりヤナイ青年とゆりあの掛け合いは面白いな… ほんと喰えない男だなヤナイリク。

でも吾良のヤナイや小山田家との関わりを知らされるたびにゆりあは傷つけられていて。毎日のように朝帰りだった吾良に、寂しさを感じないわけなく。そういう切ないシーンもあって、あ~ほんとこのオヤジ(吾良)は…と思ってしまいました。さっさと目を覚ましてくれー

次回の掲載も楽しみにしたいと思います。

↓2巻表紙のイケメンがヤナイ青年です!

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など