【エルパソ】おすすめ観光スポット8選&モデルプランを紹介。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テキサス州の最西端に位置し、メキシコとの国境を有するエルパソ(El Paso)アメリカに居ながらにしてメキシコを感じられる町!メキシコ系アメリカ人の方が人口の大部分を占め、1年のほとんどが晴れという気候から、陽気でのんびりとした時間を過ごすことができます。

意外と知られていない魅力的な観光地から、国境の町らしくややデンジャラスな内容を取り扱った博物館もあります。エルパソ中心部の観光地6か所と、エルパソ観光に併せて行きたい郊外の国立公園2か所をご紹介します。

ダウンタウンであれば公共バスを使っての移動が可能ですが、他の大部分のアメリカ都市同様、車での移動が便利です!

①エルパソダウンタウン

メキシコ感あふれるエルパソダウンタウンは是非散策してみましょう。スペイン語が飛び交い、アメリカに居ながらにしてメキシコに来たかのような気分を味わえます。

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!

【エルパソ】メキシコ国境の町、エルパソダウンタウンとシーニックドライブ。アメリカにあってアメリカらしくない町とは。

②マゴフィンホーム(Magoffin Home

19世紀後半に建てられ、アメリカ南西部で良くみられるアドービ(日干し煉瓦)風建築の平屋建ての豪邸です。当時の富裕層の人々の生活を垣間見ることができる興味深い建物です。中は意外に広く、豪華な内装で映画やドラマの舞台になりそうな雰囲気です。ダウンタウン内にありるのでダウンタウン散策と併せて行ってみてください。

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!

【エルパソ】かつてのエルパソでの成功者の豪邸『マゴフィンホーム』を見学してきた。

③シーニックドライブ(Scenic Drive)

エルパソ観光の目玉でもあるシーニックドライブ。エルパソには街を見下ろすように山が後ろに控えているんですが(フランクリン山脈)、そこの山の中腹にエルパソを一望できる展望台があり、そこからメキシコとの国境線を臨むことができます。昼間も良いですが、夜景が特に美しいと有名なので夜の訪問もおすすめです。

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!

【エルパソ】メキシコ国境の町、エルパソダウンタウンとシーニックドライブ。アメリカにあってアメリカらしくない町とは。

④ミッショントレイル(Mission Trail)

エルパソは16世紀後半にスペイン人によって開拓された場所。エルパソ郊外にある約14kmのトレイル上にかつてスペイン人により作られたキリスト教布教のための伝道所(教会)3つを見ることができます。

アドービ(日干し煉瓦)建築の影響が感じられる木造の伝道所は小さいながらも素朴でとっても素敵です。3つとも現役の教会で地元の方々から愛される存在です。

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!地元のメキシコ料理店も紹介しています♪

【エルパソ】ミッショントレイルのアクセスや見どころを紹介。キリスト教伝来の道を辿る。

⑤フォート・ブリス(Fort Bliss)

ダウンタウンから車で20分ほどの場所にある、フォート・ブリス(ブリス砦 )はなんとアメリカ軍最大級の防空基地

この広大な基地の中に、ブリス砦についてや実際に使用された軍事機器についてのエアディフェンスとフォートブリス博物館(Air Defense Artillery & Fort Bliss Museums)があり、観光客も自由に見学することができます。ブリス砦の敷地内に入るのはIDチェックがあるので、パスポート必須です。

↓博物館内外には、実物の戦車や軍事用ヘリがずらり…。

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!

【エルパソ】街全体がアメリカ軍防空基地『ブリス砦』にある防空博物館に行ってきた。

⑥国境警備隊博物館(National Border Patrol Museum)

国境の町ならではの博物館、ナショナルボーダーパトロールミュージアム。博物館では実際に不法入国で使用された縄梯子などショッキングな展示も多数ありました。入場料は無料、国境警備の実態が学べる貴重な博物館です。

現在国境には鉄製のフェンスが張られていますが、国境沿いをドライブすることもできます。

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!

【エルパソ】メキシコとの国境の町でナショナルボーダーパトロールミュージアムに行ってきた。不法入国の手口に衝撃。

郊外の見どころ①ホワイトサンズ国定公園

エルパソから車で約3時間半、ニューメキシコ州にあるホワイトサンズ国定公園(White Sands National Monument)。雪のように純白な砂丘が広がり、世界最大のアラバスター(石膏の集合体)砂漠といわれています。

晴れた日には青空と白い砂丘のコントラストが、夕方にはピンクに染まった美しい砂丘が楽しめると有名な観光スポットです。

※ちなみに、ホワイトサンズ国立公園へ行く途中、国境警備隊による検問(IDチェック)があるので、訪問の際はパスポートをお忘れなく!

↓アクセスなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!管理人はここで砂嵐に遭遇したので、その時の体験談を書きました。

【ニューメキシコ】一面真っ白の砂嵐、遭難の危機だった『ホワイトサンズ国定公園』体験記。

郊外の見どころ②カールズバッド洞窟群国立公園

エルパソから車で約3時間、ニューメキシコ州にあるカールズバッド洞窟群国立公園(Carlsbad Caverns National Park)。世界最大級の鍾乳洞、世界遺産にも登録されています。

コウモリの巣窟としても有名で、夕刻には洞窟から飛び出していくコウモリたちの群れ(Bat Flight)を見ることができます(夏季限定)。

↓夕刻餌を求めたコウモリが一斉に飛び出してくるコウモリ劇場。

↓洞窟内の様子。散策では探検気分を味わうことができます。

↓アクセスやバッドフライトのスケジュールなど詳しくはこちらの記事をどうぞ!

【ニューメキシコ】カールズバッド洞窟群国立公園で洞窟探検。世界最大の鍾乳洞とバッドフライトについてご紹介。

★滞在時間別モデルプラン

1日(エルパソ市内のみ)

AM10:00~エルパソダウンタウン(マゴフィンホーム)→ 12:00~ミッショントレイル&道中でメキシコ料理ランチ → 14:00~フォートブリス → 16:00~国境警備隊博物館 → 夜~シーニックドライブ夜景観賞

エルパソ市内中心部であれば1日で観光可能だと思います。車であれば各スポット30分以内に移動可能です。エルパソに来たら是非本場?のメキシコ料理を食べてみてください♪

1泊2日

2日のうち1日は上記のエルパソ市内観光に使うとして、残りは国立公園巡りにあてましょう。1日でホワイトサンズとカールズバッドの2つの国立公園を周ってしまうこともできますが、双方の移動時間もけっこうかかるので、可能であれば2日に分けたほうがおすすめです(つまりは2泊3日プラン)!

2泊3日

ホワイトサンズもカールズバッド、どちらも大きい国立公園なので可能であれば1日1つのほうがより楽しめます♪

ニューメキシコ州・アルバカーキ方面から南下してエルパソに向かう場合、先にホワイトサンズ国定公園に行った方がルートに無駄がありません。ただしホワイトサンズ国定公園は、風が強いと砂嵐が発生するので、天候にも注意して訪問日を決めてみてください♪

さいごに

日本ではあまり知名度がないエルパソ観光ですが、個性的でまたとない景色をみせてくれるスポットなので是非足を運んでみてください。2つの有名な国立公園と併せて行けるというのも魅力的だと思います。

レクタングル大
レクタングル大
おすすめの関連記事など